【フランスNo.1】2017年バゲットコンクール優勝のパン屋

グルメ

【フランスNo.1】2017年バゲットコンクール優勝のパン屋


フランス人は「食パン」ではなく「バゲット」こそがパン! 日本とは全く異なるフランスのパン文化です。

基本的にフランスでパンといえば、日本の「食パン」ではなく「バゲット」です。外側はパリパリ、内側はふんわり。フランスに行くとバゲットでサンドイッチを作っていますよね。その美味しさといったら一度食べると病みつきになります。

ここ数年で日本でもバゲットを持ち歩く人々が増えてきましたね。
そこで今回は、フランス人の食生活に欠かせない「バゲット」のコンクールで優勝したパン屋さんの情報や美味しいパン屋さんの情報、パンに関する食文化をお伝えしたいと思います。

「Brun Boulangerie Patisserie」2017年バゲットコンクール優勝

La boulangerie Brun

出典 http://trip-s.world


コンクールには規定があります。いつも同じなのですが

長さ55~65cm
重さ250~300g
小麦粉1kgに対して塩の量が18g。

200本のバゲットの中から、優勝に輝いたのはパリ13区「Brun Boulangerie Patisserie(ブラン・ブランジュリー・パティスリー)」のSami Bouattour(サミ・ブアトゥール)さんです。

パリの東西を横切るメトロ6番線のトルビアックが最寄りの駅です。

La boulangerie Brun

出典 http://trip-s.world

優勝の決め手は?

バゲット

出典 http://trip-s.world

バゲット

出典 http://trip-s.world


ル・パリジャンのという有名誌の記事では、成功の秘訣はとにかく「品質」だということです。それはバゲットのみならず、職業には精神、身体的な情熱も必要だと述べています。周商店のパン職人さんは毎朝の起床が2時です。そして毎日700本、週末は1200本のバゲットを焼くそうです。過去の2015年には奇しくも3位だったこともあり。今回の喜びは人一倍だったことでしょう!

パリのおすすめパン屋さん


パリにはおいしいパン屋さんが集まっています。食文化においてパンは欠かせないものですから美味しいものを食べたいという欲求が強いパリの人たちの中で生き残っていくのはパン屋さんにとっても大変なことです!
数あるパン屋さんの中から優良店のご紹介をします。

オー・デリス・デュ・パレ 14区

オー・デリス・デュ・パレ

出典 http://blogimg.goo.ne.jp

パリのはずれ14区の住宅街にあるパン屋さん。1998年にはオーナーである父親が、2014年には息子で24歳の若きパン職人アントニー氏が、栄えあるコンクールで優勝。駄菓子も置いていて、一見“ご近所のパン屋さん”的、気さくな店構えですが、実力は確かです。

出典 http://joshi-spa.jp

ル パリ13区

レサンシェル パリ13区

出典 http://baguettelife.com

2014年のパリのBioのパンのコンクールで優勝。Bioとはフランスのオーガニックな食品の規格で、細かい規則のもとに運営されている。
店内に入ると、ポップに゛Bio”と表記されたパンが数多く並べられている。

出典 http://baguettelife.com

デュパン エ デジデ パリ 10区

 デュパン エ デジデ パリ 10区

出典 http://baguettelife.com

今までのパン屋さんのお店を思い返してみて、パンを並べるのにお皿を使って居たところがあったかどうか考えてみる。いやーないなぁたぶん。
たかがお皿、しかも主役のパンを置く場所の話でしかないのだが、どうにもこれが印象に残るのだ。

出典 http://baguettelife.com

ラ フリュート ガナ パリ20区

ラ フリュート ガナ パリ20区

出典 http://baguettelife.com

ここではバゲットではなく店名にもなっている゛フリュート”を頼まなければならない。小麦粉の構成については製粉会社に特注したもので内容は企業秘密だそうだ。゛フリュート ガナ”はフランスで最も有名なバゲットと呼ばれている。

出典 http://baguettelife.com

ラウル メデール パリ17区

ラウル メデール パリ17区

出典 http://baguettelife.com

ここは親子二代でバゲットコンクールのグランプリを取っている。先代のベルナールシェフが2000年、その息子で現オーナーのラウルシェフが2002年に。店に向かって右側のウインドウには1998年の3位入賞とともに2回のグランプリを獲得した証が、そして左側には2004年に今度はガレットのパリコンクールで優勝したサインが誇らしげに刻まれている

出典 http://baguettelife.com

さいごに


ここではまだまだ紹介しきれないパン屋さんがパリにはたくさんあります。
引き続き数回に分けてご紹介をしたいと思います。

ところ変われば食文化も大きく変わります。
ぜひ、フランスの方のように美味しいパン屋さんを見つけてみてはいかがでしょうか?

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ