【日本と違う!?】タイの大戸屋

アジア

【日本と違う!?】タイの大戸屋

みなさんはタイに行ったことがありますか?

日本人はタイ料理が好きですし、ここ最近はその代表といわれる食材「パクチー」専門店も進出してきたりと特に女性からの支持が多く人気です。

そんなタイの首都バンコクには本当にたくさんの日本料理店があります。私もバンコクに行った際に日本食にレストランの多さにビックリしました。

日本から進出した店もあれば、タイで立ち上げた店もある。日本人ではなくタイ人、中国人が経営している日本料理店もあるほどで、日本食の人気を物語っていると肌で感じました。

ちなみに日本食レストランの数はトータルで2000店以上にもなり、その大半がバンコクに集中しています。

未練を残さず売却!?

タイ大戸屋

出典 http://tripping.jp


数ある日本食レストランの中で、異彩を放っているのが2005年に進出した大戸屋です。日本でも手軽に食べられる定食メニューで人気があるチェーン店です。

なぜ大戸屋かといえば、当初はタイ資本のセントラルレストラングループとの合弁で事業をスタートていました。ここまでは大手同士の事業進出のための手段としてよく使われる方法ですが、大戸屋は、事業を軌道に乗せると、なんと株式を全て先述の不動産ディベロッパーであるセントラルレストラングループに売却をしてしまったのです。

さらに、店舗経営はディベロッパーのセントラルに任せ、店舗自体を完全フランチャイズに切り替えてしまいました。

事業が軌道に乗りうまくいき始めたところで自ら直営事業を手放すというのは、通常であれば、なかなか簡単にできる決断ではないと思います。


2011年に全株をセントラルに売却、現在のタイの大戸屋は完全なるタイ資本の会社です。

フランチャイズ方式に切り替えら、店舗数は42店にまで増えています。そのすべてがフランチャイズ店です。

日本の大戸屋の手が離れてから、多くの現地日本人からすると「味が変わってしまった」「もう日本の大戸屋の味は望めない」との意見はあるものの、大戸屋の人気はゆるぎません。むしろ以前よりも着実にタイ人の支持を集め、地歩を固めています。

地元にローカライズ

タイ大戸屋

出典 http://tripping.jp

タイ大戸屋

出典 http://tripping.jp


現在の大戸屋をのぞくと、お客のほとんどはタイの方々です。バンコクの日本料理店の大半が現地在住の日本人(主には駐在員やその家族)に依存して経営が成り立っているいる現状を考えると、大戸屋は完全に地元密着、ローカライズに成功しているといえるレストランといえます。

大戸屋の展開の速さ


このローカライズをさせるという考えは、非常に合理的なことだと考えられます。
なぜなら、売却することで大戸屋には大きな売却益が入ってきます。さらに、セントラルからは、フランチャイズの手数料(経営指導料など)として、今後もずっと大戸屋側に継続的利益入ってくる。そのようなシステムがフランチャイズシステムです。

一連のプロセスをあえて、結婚にたとえるなら、良い相手と結婚して、互いに現地で信頼を勝ち取り、そのうえで円満に離婚(売却)。「養育費」など(売却益とフランチャイズフィー)を回収し、新しい相手(国)を探す。飲食チェーンというよりは、投資に近い事業を自社で行っているのだ。ちなみに、タイの場合でも投資額の3倍以上で売却したというから、プロの投資ファンドも顔負けである。

出典 http://


素晴らしい経営戦略です。
「円満離婚」のあとも、良い友達関係が続いている。
売却で得た資金を、今度は他のアジア諸国へ進出するための原資にしています。

タイの大戸屋の15分ルール

タイ大戸屋

出典 http://www.thaich.net


「15分ルール」というものがあります。
それは4人以下で訪店した時に、もし一品目が15分以内で提供されなかったら前菜の無料サービス券がもらえるというものです。
ただし、このサービスは午前11時から午後2時と、午後5時から午後8時までの時間限定での取り組みです。

最後に


企業努力により進化をした大戸屋
日本のシステムを利用しながら、現地の満足をの向上のために様々な試行錯誤が繰り返されたと思います。

タイに出かけた際には、ぜひタイで進化した定食料理を試してみてはいかがでしょうか?

1

関連記事

ピックアップ!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ